Phonim Music

カルネ
パッヘルベルの「カノン」
アコースティックヴァイオリン演奏(多重録音による一人三重奏)+ミニキーボード伴奏

伴奏含めて一人でチャレンジしました。何年か前の発表会のリベンジになったのか不明な感じの微妙な出来栄えですが、少しは成長できたかなというレッスンができて充実感を感じています。ヴァイオリンの本田先生始め、フォニムの皆様に感謝申し上げます。次回からヴァイオリン中級です。
カルネ
今まで自己流で弾いてきた為、基礎から勉強しようと始めました。(音を出す事はできるけど)きれいな音を出せないのが悩みです。 フォニムの前に、大人になってから数人での対面グループレッスンを数年経験してます。 旅に出ます。自分と趣味のバイオリンのこれからを考える旅に・・・。1ヶ月ほどで、戻ってきます。 その後・・・諸事情によりもう1ヶ月のばします。
いいね 2
コメント 0

シェアする

コメント